小説の本が出版されました!

2019年7月12日発売

『百島王国物語 滅びの王と魔術歌使い』

【作品紹介ページ】

【冒頭試し読み&著者による冒頭ダイジェストコミカライズ】

【Amazon商品ページ】

【あらすじ】

禁術を使う一族の末裔と憂国の王女に、愛悪の嵐が吹き荒れる!

美しき多島海を舞台に、音楽と魔術で織り上げた本格ファンタジー。

「我々のみが、音を超えて音楽────つまり魔術を感知し、操る力を持つ」

古来より善にして真なる王が魔術政を布いて治める国、百島王国。隣国との緊張が高まるなか、首都イスリルでは傷のない不思議な死体が相次いで見つかり、不吉な噂が広まっていた。
幼い頃の記憶がない青年エムリスは、魔術師になるための卒業試問を控えたある日、自身を呼ぶ「楽神の声」を聞き、王国を揺るがす事件に巻き込まれていく。

架空の世界の多島海を舞台にした、音楽と魔術が絡み合う本格ファンタジー小説です。よろしくお願いいたします!

******

【コロスになろう!ワークショップ】

ご好評をいただいているレクチャー・パフォーマンス「うたう古代ギリシア文学」の番外編、ギリシア悲劇のコロスを体験するワークショップのお知らせです。

9月8日(土)に開講いたします。詳細はこちら

******

「ゆる壺絵Tシャツ」作りました!

UTme!にて出品中です。

******

漫画の単行本を出しました!

【作品紹介ページ】
【オンライン書店さんへのリンク】

古代ギリシアで芸術家(詩人)になることを夢見る少女エーリンナの物語。
ギリシア史上最高の女流詩人サッポーのもとでひとときの青春を過ごす少女たちの様子を、
4コマ漫画でお届けします。
表現することに取りつかれている人間と、表現者を愛する人々への讃歌です。

******